組み立て講座TOP / 組み立て前の導入・準備・基礎作業 / 駆動系の組み立て / ステアリング周り / モーターの取り付け / ステアリングサーボ / ダンパーステー / サスペンション / ダンパー組み立て / 前後バンパー他 / RCメカの搭載 / ホイールの取り付け・シャーシ仕上げ / ボディ塗装 / デカール貼り付け / ボディパーツ取り付け

 ダンパーステー

●袋8
■P12

 ステアリングタイロッドと同じように、アッパーアームを前後それぞれ2本ずつ組み立てる。走行特性に大きな影響を与えるキャンバー角の調整を行うパーツなので、特に左右の長さを揃えるように注意して組み立てよう。

 ここからはいよいよサスペンションの組み立てだ。前後ダブルウィッシュボーンサスペンションのドリフトパッケージはこのサスペンションの動きが走行特性の要!見間違えがないように、じっくり取り組もう。
 前後ダンパーステーにダンパー取り付け用のビスとアッパーアーム取り付け用のロッドエンドボールを取り付け、アッパーアームを装着する。ダンパーステーのギヤボックスへの取り付ける向き、ダンパーネジやアッパーアームの位置をよく確認し、アッパーアームは正ねじがすべて同じ方向になるように装着。


 シャーシを構成するパーツにも、アルミ製のオプションが多数発売されている。これはそのひとつであるダンパーステーだが、ドレスアップの効果と共に、ショックの動きがよりシビアになり、確実な減衰を得ることができるアルミショックタワーだ。実車でいえばストラットタワーバーのような効果が期待できる。

D-025 アルミ製 フロント ショックタワー●2,480
D-026 アルミ製 リア ショックタワー●2,850

 ダンパーステーは前後同じような取り付け方法だが、フロントは3×10mm、リアは3×12mmと違うビスを使用するのでチェックしよう。

上へ↑
←前の項目 組み立て講座INDEX 次の項目→
エクステリアアイテムオプションパーツGOODS & TOOL

ヤタベアリーナ

ドリフトパッケージ ボディギャラリー

ドリフトパッケージ イチロクM