組み立て講座TOP / 組み立て前の導入・準備・基礎作業 / 駆動系の組み立て / ステアリング周り / モーターの取り付け / ステアリングサーボ / ダンパーステー / サスペンション / ダンパー組み立て / 前後バンパー他 / RCメカの搭載 / ホイールの取り付け・シャーシ仕上げ / ボディ塗装 / デカール貼り付け / ボディパーツ取り付け

デカール貼り付け

 付属の両面テープを使用し、リアのロアスカートを取り付ける。テープを貼りつける前に、大体どの位置に取り付けられるかを確認しておくといいだろう。

 デカールの貼り付けはウインドーデカール、グラフィックデカール、スポンサーロゴデカールの順で行うのが一般的。最近のD1マシンはデカールが重なることも多いので、貼り付ける部分の仕上がりを確認しながら作業を進める。

 今回ウインドーは窓枠だけをデカールで仕上げ、窓部分はクリアにする予定だが、いきなり窓枠だけを切り離してしまうと貼りにくくなるので、デカールシートから窓全体をハサミで切り取る。

 マスキングシートを貼った時と同じように、裏紙の一部だけを切り取り、残った部分で位置を確認してから貼りつける。全体を貼るときは、同じく空気が入らないように気をつけながら、端から少しずつ貼っていこう。

 貼り付けが完全に終わったら、カッターで窓部分を切り抜く。あまり力を入れすぎるとボディが割れやすくなるので、カッターの刃を切れる状態(新品)にし、軽い力で窓枠との境界をなぞるように切り目を入れ、慎重に窓部分のデカールを剥がす。

 サイドの窓枠と、クォーターガラスのスモーク部分だけを残して、窓をクリアにした状態。

大きなデカールを貼った時はどうしても空気が入りやすい。何度も貼ったりはがしたりしているとデカール自体がだめになってしまうので、ある程度はあとで空気を抜くように作業する。

 空気のたまっている部分の端に針を刺して穴をあけるか、カッターで少しだけ切れ目を入れる。

 切れ目からうまく空気が逃げるように、つめなどで端から追い出すようにこする。

 多少跡が残ってしまうのが難点だが、かなり目立たなくなったのではないだろうか。

 ライトを取り付けることが可能なボディには、通常のライトデカールの他にライトの縁取りだけのデカールも付属している。ぜひそれも有効活用しよう。

 ボディ外側にはライトの枠だけのデカールを貼り付け、窓枠と同じように中のクリアの部分を切り取っておく。そしてライトデカールをボディ内側から、裏紙がついたままマスキングテープなどで固定する。

 通常のように表側にライトデカールを貼るよりも、ややクリアで奥行き感のあるライトが表現できる。のちにライトを取り付ける場合は、内側の仮止めライトデカールを外し、ライトユニットプラパーツを取り付ければOKだ。

 このボディのテールランプのデカールは、ノーマル、レンズ枠のみの他に、国産ボディのテールレンズを再現できる半透過デカールも付属する。このデカールを外側に貼り付けてライトユニットプラパーツを取り付ければ国産車風に、クリアレンズにすればユーロスタイルに仕上がる。好みで使い分けよう。

 続いてグリルやダクトのデカールを張り付ければストリートスタイルの出来上がり。もちろんこのままでもかっこいいが、せっかくなのでD1マシンに仕上げよう!

 メタリックデカールはあらかじめカットされていて、そのまま貼り付ければOKになっている。しかしここではよりクオリティを上げるため、余白部分をハサミで完全にカットしてみた。窓のデカールと同じように、裏紙ごとカットすることで位置を決めやすく、細部の貼り付けも俄然行いやすくなる。

 緑色線内が今貼り付けようとしているデカールだが、ボンネットダクトの部分は凹凸が激しく、そのまま貼り付けるとしわができてしまいそうだ。そこで黄色線の部分をハサミでカットして、デカールがしわになるのを防いでみた。

中央のシルバーの部分の両脇に切り込み線が見えるが、ほとんど目立たないと言っていいだろう。凹凸や曲面のある部分に大きなデカールを貼り付けるときは、どこに切れ込みを入れればしわが防げるかを考えながら作業を進めよう。

 へこみのきつい部分や折り曲げられた角などは、先ほどの割りばしの再登場だ。端から少しずつ貼り付けるのを基本に、先端を使って角もきっちりと押しつけておこう。


 リアのフェンダー周りなどは、複雑な局面で貼り付けるのが難しいが、ヨコモのメタルデカールはある程度伸びるように作られている優れモノ!ドライヤーで温めるようにしながら、少しずつ引っ張って局面になじませてみよう。力を入れすぎないように注意し、ドライヤーの熱での火傷にも気をつける。

 グラフィックデカールを貼り終えた状態。ずいぶんD1マシンらしくなったが、完成にはもう一息だ。

 スポンサーロゴデカールもカット済みだが、グラフィックデカールと同じように余白をカットすることでクオリティがぐっと上がる。走行するのがもったいないくらいにきれいにデカールを貼り終えた。

上へ↑
←前の項目 組み立て講座INDEX 次の項目→
エクステリアアイテムオプションパーツGOODS & TOOL

ヤタベアリーナ

ドリフトパッケージ ボディギャラリー

ドリフトパッケージ イチロクM